自動車免許は若いうちに取っておこう!
自動車免許は若いうちに取っておこう!

車を運転する為の運転免許制度に関して

一般的に車の運転免許を取得しようとする場合は、普通自動車第一種免許が基本です。
バイクであれば普通自動二輪免許が必要です。
この免許を持っていないと車の運転が出来ません。運転免許には様々な種類が存在します。
原付、普通自動車第一種、中型自動車第一種、大型自動車第一種、普通自動車第二種、中型自動車第二種、大型自動車第二種、大型特殊、小型特殊、普通自動二輪、大型自動二輪、けん引、など様々有ります。
自分の乗りたい車に合わせて免許も取得しなければいけませんが、全てを取得する必要は無いのです。
普通免許を取得して一定期間を過ぎれば、新たな上位免許を取得する事が可能です。
例えば、いつかバスの運転手になりたい人は普通免許の次に大型二種免許を取得すれば大丈夫です。
トレーラーに乗りたいのであれば、大型一種とけん引を取得すれば良いのです。

運転免許は、上位免許を持っていれば、それより下の下位免許は不要です。
大型二種を持っていれば、普通二種や中型二種は必要がなく運転が出来ます。
また二種を持っていれば他の一種免許も必要有りません。
例えば、日本に存在する全ての自動車を運転したいと思った人は、普通免許を取得したら大型二種、けん引、大型特殊の3つさえ取得すれば全部乗れます。
また、全てのオートバイなら普通自動二輪で経験を積んだら最終的に大型自動二輪を取れば良いのです。
わざわざ小さい下位免許から順々に取って行く必要は無いのです。
受験資格を突破出来たら一気に最高位免許を狙えば良いのです。
Copyright (C)2018自動車免許は若いうちに取っておこう!.All rights reserved.